奈良まちだより

皆様からの信号情報を画像を交えて紹介します。


(new) 画像タイトル:img20150921003340.jpg -(24 KB)

カマボコ面拡散赤一灯 名前: てぃーえすあーるしー [2015/09/21,00:33:40] No.306
大和郡山市内にカマボコ面拡散の赤一灯が設置されていました。
動作は赤点滅と赤点灯の繰り返しです。
あとからユニットを交換したのでしょうか。
>> (new) なんと 名前: ぜろえもん [2015/09/21,02:59:54] No.308
カマボコ面拡散の一灯は珍しいですね。

灯器内部の状態や製造年月にもよりますが、灯箱ごと交換にならなかったのは凄いです。
>> (new) これですか。 名前: ぼたん(WebMaster) [2015/09/23,00:58:50] No.309
以前撮ったものかもしれないですね。
最初は細かいLEDタイプが設置されており、LEDユニットのみを更新し灯器はそのまま利用していると思われます。


画像タイトル:器具の劣化 -(13 KB)

器具の劣化 名前: ぼたん(WebMaster) [2015/05/28,00:36:28] No.305
電材の初代灯器が設置されている箇所があり、矢印灯器の設置時に、よほど本灯器に穴を開けたくなかったのか、わざわざ別付けの器具を用いて矢印灯器を設置していました。
しかし器具の鉄板が薄いのか灯器の重さで変形してしまっています。


画像タイトル:省電力化等推進事業設置灯器 -(20 KB)

省電力化等推進事業設置灯器 名前: ぼたん(WebMaster) [2015/05/28,00:09:41] No.304
他県でも補助費で設置されているLED灯器がありましたが、奈良県でも同様のステッカーが貼られている灯器がありました。


画像タイトル:星和電機 -(19 KB)

星和電機 名前: ぼたん(WebMaster) [2015/05/28,00:06:09] No.303
大阪と同様に星和電機製の灯器が設置されていましたが、レンズユニットは電材製と同じタイプでの設置となっていました。製造は2015/2月製でした。


画像タイトル:交互信号 -(47 KB)

「←赤→」配列 名前: 森リン [2014/12/21,21:33:50] No.301
奈良にも,静岡県にて発見されているような「←赤→」配列の交互通行用信号機がありました.
こちらは京三の金属製丸型灯器の250φタイプです.
このタイプは近辺に計3基,他には小糸の角型ベースの「←→」配列の灯器が計3基ありました.
>> 貴重ですね。 名前: ぼたん(WebMaster) [2014/12/22,22:53:41] No.302
奈良にもこのタイプの灯器があるとは驚きました。
小糸の角型ベースも見てみたいです。


画像タイトル:共架表示板の表記と位置の変化 -(42 KB)

共架表示板の表記と添架位置 名前: 鈴木 泰弘 [2014/05/08,00:29:04] No.297
車両用灯器に添架される共架表示板の表記内容と添架位置が変更されています。

■時差式
[時差信号] → [時差式信号機]
警察庁の通達に則ったものと思われます。

■感応式
[押ボタン信号] → [感応式信号]
これまでは感応式でも[押ボタン信号]と表記されていましたが(必要に応じて説明の表示板を別に添架)、誤解を与える恐れがあることから、感応式であることが明確な表記に変更したものと思われます。
夜間感応式の場合は[夜間半感応]という表記が見られました。
なお、押ボタン式の場合は従来通り[押ボタン信号]となっています。

■添架位置
これまでは車両用灯器の下部に添架していましたが、最近は車両用灯器の上部に添架しているようです。
>> なるほど 名前: ぼたん(WebMaster) [2014/05/14,00:03:17] No.300
確かに文字も東京型の時差式か横長の時差式信号機に統一と書かれていますね。
大阪も時差信号になっていますが未だ更新時も時差信号で設置をしているのて奈良県の対応のほうが早いです。


画像タイトル:日本信号製の新しい薄型灯器 -(30 KB)

日本信号製の新しい薄型灯器も 名前: 鈴木 泰弘 [2014/05/08,00:13:11] No.295
日本信号製の新しい薄型灯器も設置されていました。
ショートフードですが、写真の灯器は左手前の民家に配慮し、筒フード(右側開口)となっています。
>> 既に 名前: ぼたん(WebMaster) [2014/05/14,00:00:37] No.299
新型もありましたか。
アームはストレートアームでしょうか。


画像タイトル:フラット型灯器 -(28 KB)

設置されていました。 名前: 鈴木 泰弘 [2014/05/07,23:58:40] No.294
奈良県にもフラット型灯器が設置されていました。
決して設置数は多くないですが、複数の交差点に設置されていることを確認しました。
>> なんと 名前: ぼたん(WebMaster) [2014/05/13,23:59:28] No.298
奈良県にも設置されていましたか。
通常のタイプも設置されていることから設置基準が分からないですね。


画像タイトル:制御形式オールイン・ワン -(36 KB)

制御形式オールイン・ワン 名前: M.Tackey [2012/02/12,21:40:55] No.290
五條市内にて。
「時差信号・歩車分離式・押ボタン式・感応式信号」
制御形式がオールイン・ワンの交差点がありました。
側道に車が止まるか、歩行者がボタンを押さないと、
時差式もしくは歩車分離式にならない制御になるのだと思われます。
>> 何故・・・?? 名前: オタチ [2012/02/13,19:00:16] No.291
何故こんなことになっているのでしょうか・・・?? 制御機などは通常のものと変わらないものなのでしょうか??
>> ただの・・・ 名前: ぼたん(WebMaster) [2012/02/13,23:02:21] No.292
歩車分離と時差式の組み合わせだと思います。
他県でも結構あります。
>> 珍しくありません 名前: 信号機辞典管理者 [2014/01/22,15:38:51] No.293
神奈川県にもあります!あります!
時差式信号機と歩車分離式と押しボタン式のセット!
でも、感応式信号は見たことありません。そもそも、神奈川県には感応式信号機がありませんが…。


画像タイトル:香芝市[ここ1か所のみ] -(17 KB)

京三新型灯器もあった 名前: hituji [2011/09/12,21:26:05] No.288
奈良県では初めて投稿します。
夏休みに奈良に行った時に見つけました。
奈良にはほとんど行ったことがありませんが、
県内では初だと思います。
>> ありましたか・・・ 名前: ぼたん(WebMaster) [2011/09/21,00:27:09] No.289
昨年の夏に登場してから全国的に広まりましたね。


画像タイトル:小糸新型灯器 -(20 KB)

既に・・・ 名前: ぼたん(WebMaster) [2011/07/05,22:18:47] No.287
小糸の新型灯器が設置されていました。
矢印灯器の電源取出口のゴムが通常のものと異なります。
LED素子はDK2タイプでした。


画像タイトル:ペイントされた角型灯器2 -(37 KB)

ペイントされた角型灯器2 名前: M.Tackey [2010/07/04,20:24:30] No.283
拡大写真です。
反対側にももう1器設置され、歩道橋の両側に取り付けられています。
ちなみにこの歩道橋、道路の両側にある工場の往来のために使用するもののようで、一般の人は渡れません。
主信号がLED灯器であるため、灯器の組み合わせも面白い交差点です。
>> すごいですね。 名前: ぼたん(WebMaster) [2010/07/04,23:51:37] No.285
まだまだ再利用するのでしょうかねぇ
>> いいですね 名前: kelta [2010/07/07,20:00:44] No.286
角型灯器を美装化で塗装したものなんて初めて見ました。LEDとの組み合わせもいいですね。法隆寺や東大寺付近の灯器も更新せずこのようにすればよかったんですがね・・・


画像タイトル:ペイントされた角型灯器 -(46 KB)

ペイントされた角型灯器 名前: M.Tackey [2010/07/04,20:18:10] No.282
奈良市内にて。
歩道橋に設置されている角型灯器が、平城遷都1300年祭に合わせてか、
茶色にペイントされていました。
角型灯器を茶色にペイントしているのは、初めて見ました。
>> 美装化 名前: 鈴木 泰弘 [2010/07/04,22:50:12] No.284
前回奈良を訪れたときは時間の都合で見ることができませんでしたが、まだ残っていたんですね。
グレー状態は中学校の修学旅行で訪れたときに見ましたが、ブラウン状態も良い感じですね。
ブラウンの角形灯器といえば、東京の神田駅前に設置されていた小糸製作所製の角形灯器を思い出します。


画像タイトル:JR奈良駅前(奈良市) -(27 KB)

包丁未遂タイプの最終型 名前: 鈴木 泰弘 [2010/05/05,00:44:01] No.277
所謂“包丁未遂”の最終型です。
ケーブル引き通し口が下側中央の1か所だけとなり、銘板が樹脂製灯器のように背面中央へ移動しています。
全国的に見ると設置数は少ないようですが、奈良ではよく見かけるような気がします。
どれだけの期間、どれだけの数が製造されたのか気になります。
写真はJR奈良駅前のもので、昭和53年1月製造です。
>> 確かに 名前: kelta [2010/05/05,01:13:48] No.278
奈良には多いですね。法隆寺付近にたくさんあったのですが、修学旅行で見に行ったとき日信薄型になっていました。
>> なんと 名前: 鈴木 泰弘 [2010/05/05,23:24:45] No.279
中学の修学旅行時にその付近で多く確認しましたが、LED化されてしまったのですか…。
>> 減りました。 名前: ぼたん(WebMaster) [2010/05/16,23:04:11] No.280
このタイプは全国的にも更新対象になるのか優先的に更新されているような気がします。
大阪にはまだまだ残っているような気がします。
>> 大阪… 名前: 鈴木 泰弘 [2010/05/17,01:46:16] No.281
全国的な設置数が少ないだけに、更新対象になるとすぐになくなってしまいそうですね。
大阪にはまだ残っているとのことで…探してみたいと思います。


画像タイトル:大仏殿交差点にて -(63 KB)

大きさが異なる表示板 名前: TA-BAN [2007/03/05,19:27:46] No.274
奈良市中心部にあるデザインアーム・ポールに設置されている信号機の表示板の一部はデザインアーム・ポールの色に合わせて茶色の表示板に白色の文字が入った表示板になっており、「時差信号」の表示板は標準サイズよりも小さいタイプになっています。
この信号機にも灯器上部に「時差信号」の表示板が設置されていましたが、最近この交差点の信号サイクルが歩車分離制御に変わったため、灯器下部に「歩車分離式」の表示板も設置されました。
しかし、後付けされた「歩車分離式」の大きさは標準サイズになっているため、この交差点では「時差信号」の「歩車分離式」の大きさが異なっているという珍しいケースを見ることができます。
なお、この交差点にある「歩車分離式」の表示板で横型タイプが設置されているのは画像の灯器のみで、それ以外の「歩車分離式」の表示板は全て縦型タイプでポールに直接取り付けられています。
>> なるほど 名前: ぼたん(WebMaster) [2007/03/11,23:45:32] No.275
奈良県と大阪府は同メーカの樹脂製の時差信号看板採用していると思いますが
この歩車分離式の看板は変わった取付け方をしていますね。


画像タイトル:二条大路5丁目交差点 -(59 KB)

No.210の灯器に変化 名前: TA-BAN [2007/02/23,19:53:35] No.270
No.210の灯器に変化がありました。
東行き車線(奈良市中心部方面)の主灯器が小糸製のLED灯器(従来タイプ)に更新されました。
主灯器と矢印灯器の接続も通常の接続方法(直接接続方式)に変わっています。
反対側の西行き車線(大阪方面)の補助灯器はまだ交換されておらず、主灯器と矢印灯器の接続も従来の金具を使用した接続方法のままですが、従道側の灯器にも矢印灯器が新設(接続方法は直接接続方式)された他、歩灯も交差点北側の4基がLED化(小糸製の従来タイプに更新)されました。
>> 追記 名前: TA-BAN [2007/02/23,22:28:20] No.271
矢印灯器が新設された従道側の灯器も小糸製のLED灯器(従来タイプ)に更新されました。
小糸製のLED灯器に更新されてない従道側の灯器にはまだ矢印灯器は設置されていません。
>> 小糸 名前: ぼたん(WebMaster) [2007/02/24,23:41:52] No.272
愛知県で見かける矢印灯器の設置方法ですね。
バス優先の看板が変わっていますね。


画像タイトル:日信製薄型灯器(阪奈菅原東) -(58 KB)

日信製薄型灯器(標準庇) 名前: TA-BAN [2007/02/03,19:18:56] No.268
No.267の阪奈菅原交差点の東側に信号交差点が新設されましたが、灯器がなんと全て日信製薄型灯器の標準庇タイプ(ただし、1基のみ筒型庇タイプを採用)になっていました。
天理市内に設置された日信製の薄型灯器(No.248の画像)は短庇タイプと筒型庇タイプが採用されていたので、今後奈良県ではどのタイプの庇を採用した薄型灯器が主流になっていくのか気になります。(ただし、電材製の薄型灯器は現在の所、標準庇タイプの灯器のみ確認しています。)
また、この交差点は信号サイクルが完全矢印式になっているので、この交差点にある灯器は全て青灯が点灯しません。


画像タイトル:阪奈菅原交差点にて -(60 KB)

450mm矢印灯器が撤去 名前: TA-BAN [2007/02/03,18:36:22] No.267
以前投稿した阪奈菅原交差点の450mm矢印灯器の撤去を確認しました。
更新後は小糸製のLED矢印灯器(従来タイプ)になりました。
なお、この辺りは現在道路工事中で画像の阪奈菅原交差点の東側に新たに信号交差点ができました。


画像タイトル:小糸製初代歩灯?(奈良市内にて)4 -(56 KB)

小糸製初代歩灯?4 名前: 秋山拓巳 [2006/10/28,14:41:25] No.265
No.260の小糸製の歩灯を裏側から撮影した画像です。
ちょっと見難いかもしれますんが、右折信号灯器さんが言う通り、この小糸製歩灯の止め具の形状とNo.264の小糸製歩灯の止め具の形状が全然異なっていました。


画像タイトル:小糸製初代歩灯?(奈良市内にて)3 -(58 KB)

小糸製初代歩灯?3 名前: 秋山拓巳 [2006/10/28,14:29:36] No.264
画像をさらに追加します。この画像はNo.259の歩灯の反対側にある小糸製の歩灯(左側/右側の歩灯は信号電材製)です。
>> 追記 名前: 秋山拓巳 [2006/10/28,14:45:44] No.266
この画像に写っている小糸製歩灯とNo.259の小糸製歩灯は同じタイプ(蝶番/止め具の形状は同じ)です。


画像タイトル:小糸製初代歩灯?(奈良市内にて)2 -(59 KB)

小糸製初代歩灯?2 名前: 秋山拓巳 [2006/10/07,18:27:31] No.260
No.259の交差点の隣にある交差点にも小糸製の初代と思われる歩灯が設置されていました。こちらは青レンズの方も交換されていました。
>> 小糸歩灯 名前: ぼたん(WebMaster) [2006/10/09,21:42:23] No.261
小糸の歩灯は製造開始から今までデザインを変更していないのでレンズや庇かプレートでしか区別がつかないです。
>> 区別は他にもあります 名前: 右折信号灯器 [2006/10/09,23:08:31] No.262
確かに区別はつきにくいですが、下2枚の灯器は微妙に異なっています。
蓋と本体の蝶番の形が微妙に異なります。また、画像にはありませんが、
反対側の止め具も異なるはずです。この灯器はマイナーチェンジをして
現在の形へとなったことは変わりありません。
>> ご指摘ありがとうございます。 名前: 秋山拓巳 [2006/10/14,14:27:56] No.263
蝶番の形状とその反対側の止め具の形状の違いには全然気付きませんでした。今度確認してみます。


画像タイトル:小糸製初代歩灯?(奈良市内にて)2 -(56 KB)

小糸製初代歩灯?1 名前: 秋山拓巳 [2006/10/07,18:21:37] No.259
小糸製の初代と思われる歩灯が奈良市内に残っていました。この歩灯は赤のレンズの方のみ交換されています。


画像タイトル:京三製初期丸型灯器(奈良市内にて) -(58 KB)

京三製初期丸型灯器 名前: 秋山拓巳 [2006/07/22,17:37:53] No.256
LED信号機の拡大が進んでいる奈良県でも、大通り以外の路地ではまだまだ初期の丸型灯器を見ることができます。
画像の京三製初期丸型灯器(宇宙人250mm)は奈良市内で撮影しましたが、天理市内にも数基残っているのを確認しています。
>> 関西は・・・ 名前: ぼたん(WebMaster) [2006/07/23,00:34:10] No.257
このタイプの灯器が多いですね。
正確に言うと初代灯器のマイナーモデルといったところ。
昭和51年前後ものでしょうか。


画像タイトル:看板 -(34 KB)

奈良県では・・・ 名前: ぼたん(WebMaster) [2006/04/19,00:35:50] No.251
音響信号の新設箇所がありましたが
なんと他県では撤去されている「盲人信号」の看板がまだ新設設置されていました。
本当に都道府県によって考えがさまざまですね。
>> 平成17年度新設の 名前: 秋山拓巳 [2006/04/19,17:46:16] No.255
音響装置を備えた交差点(新設交差点)でも「盲人用信号」の表示板が設置されていました。


画像タイトル:薄型歩灯前面部分 -(56 KB)

薄型歩灯前面部分 名前: 秋山拓巳 [2006/04/16,17:51:21] No.249
天理市内に設置された薄型歩灯の前面です。画像では判りにくいかもしれませんが、松下製のLED歩灯同様内部のLED素子が見える透明レンズを採用しています。
(なお、今回はじゅんさんが運営している「信号機の広場♪」の画像掲示板に寄せられた情報を基に探索・撮影を行いました。)
>> なんと!! 名前: ぼたん(WebMaster) [2006/04/17,22:09:34] No.250
薄型LED歩灯が設置されていましたか・・・
奈良県も採用が早いですね。
日本信号製は香川県についで2番目ですね。
>> 奈良県では、 名前: 秋山拓巳 [2006/04/19,17:37:16] No.254
松下製のLED歩灯の設置を見ていないので、LED素子が見える透明レンズ採用のLED歩灯はおそらく県内初だと思います。
プロジェクター灯器や薄型車両用灯器の実用化が早かった奈良県ですが、薄型歩灯もこれから普及していくのか気になります。


画像タイトル:25号線天理市内にて -(57 KB)

既に来ていました。 名前: 秋山拓巳 [2006/04/16,17:33:46] No.248
先日、No.244で「関西地方での薄型歩灯の設置はもう少し先になりそうな気がします。」と書き込んでいましたが、なんと既に天理市内に薄型歩灯が設置されていました。日本信号製の薄型歩灯のようです。


画像タイトル:JR奈良駅西口南 -(57 KB)

JR奈良駅周辺にも… 名前: 秋山拓巳 [2006/04/08,18:19:38] No.245
最近県内で増殖中の電材製の薄型灯器ですが、JR奈良駅周辺にも設置されているのを確認しました。この交差点のデザインポール/アームはだいぶ前から設置されていましたが、JR奈良駅高架工事による道路整備により遂に灯器が設置されました。ただし、現時点ではJR線をくぐる道路がまだ開通していないため、閃光動作になっています。
>> 基本的に 名前: ぼたん(WebMaster) [2006/04/09,01:20:30] No.246
LED灯器は薄型に移行したようですが歩行者灯器はまだのようですね。
>> 奈良県では 名前: 秋山拓巳 [2006/04/09,13:33:48] No.247
薄型灯器の設置は今の所電材製のみで、電材以外のメーカーの薄型灯器の設置はまだ見ていません。薄型歩灯も近々設置されるかどうかということも含みつつ、今後も動向を見守っていきたいと思います。


画像タイトル:学研奈良登美ヶ丘駅前2 -(59 KB)

けいはんな線延伸開業記念3 名前: 秋山拓巳 [2006/03/27,21:32:03] No.242
こちらは、デザインアーム/ポールに設置された茶色塗装の電材製薄型灯器です。この箇所も手前の灯器は薄型灯器専用の1本アームを使用して設置されています。また隣駅の学研北生駒駅前にも電材製薄型灯器/電材製LED歩灯で統一された交差点が1箇所ありました。
>> 電材ですか・・・ 名前: ぼたん(WebMaster) [2006/03/27,23:55:05] No.243
車灯が薄型灯器にもかかわらず歩灯が通常灯器で残念ですね。
>> 関西地方では 名前: 秋山拓巳 [2006/03/28,18:56:25] No.244
まだまだ薄型灯器自体の数が少なく(自分自身では大阪府内での日信薄型の設置と奈良県内での電材薄型の設置しか見ていない)、小糸製や京三製の薄型灯器の設置をまだ見ていません。よって関西地方での薄型歩行者用灯器の設置はもう少し先になりそうな気がします。


画像タイトル:No.240交差点歩灯(電材LED) -(58 KB)

けいはんな線延伸開業記念2 名前: 秋山拓巳 [2006/03/27,21:20:44] No.241
No.240の交差点の歩灯のアップです。信号電材のLED歩灯ですが、レンズが従来の他眼レンズではなく目の細かいタイプのレンズが採用されています。岐阜まちだよりで右折信号灯器さんが投稿した電材製LED歩灯(岐阜まちだよりNo.455参照)と同じタイプのようです。


画像タイトル:学研奈良登美ヶ丘駅前1 -(57 KB)

けいはんな線延伸開業記念1 名前: 秋山拓巳 [2006/03/27,21:04:49] No.240
本日、近鉄けいはんな線の延伸区間(生駒〜学研奈良登美ヶ丘間)が開業しましたが、終着駅となる学研奈良登美ヶ丘駅周辺には信号電材製の薄型灯器が多数設置されていました。
手前の灯器は、薄型灯器専用の1本アームを使用して設置されています。


画像タイトル:目立つ存在・・・。 -(73 KB)

長いアーム 名前: 京三製作ファン [2006/03/23,22:03:06] No.237
奈良では初投稿ですがよろしくお願いします。

県内では結構西日対策に力が入っているように思いました。

そのため、スフェリカル・ブロンズ・多眼レンズが多く見られたほか、長い庇の灯器も多く見かけました。

奈良県と大阪府では、[時差信号]などの看板の取り付け方など似ている点がいくつかありました。

画像は奈良市で、京三OEM松下のかまぼこスフェリカルの長いデザインアームです。

関西では長いデザインアームをよく見かけました。
>> 関西タイプ 名前: ぼたん(WebMaster) [2006/03/25,01:34:09] No.238
むかしから関西ではこのようなマルイチ製の細長いアームを良く見かけますね。
あまり地震対策を考えていないのかも知れません。
関東ではあまり考えられないです。
むかしから奈良県ではセパレートのアルミ灯器の頃からスフェリカルを使用しているので西日対策は力を入れているようです。
看板も時差信号の4文字でふちなしは大阪・奈良・福岡ぐらいでしょうか。

>> 「時差信号」の表示板 名前: 秋山拓巳 [2006/03/27,20:54:18] No.239
香川県も大阪府や奈良県と同様、「時差信号」4文字の表示板が使用されています。


画像タイトル:JR平城山駅周辺(R24号線) -(60 KB)

ブリンカーライトのダブル設置 名前: 秋山拓巳 [2006/03/04,20:53:36] No.234
この分岐点では、ブリンカーライトが案内表示板のポール部分にも1基設置されています。
>> このような 名前: ぼたん(WebMaster) [2006/03/06,00:20:58] No.235
関西では2箇所に設置されているケースが良くあります。


画像タイトル:十津川村?付近で撮影。 -(61 KB)

交互信号A 名前: たか [2005/08/20,02:08:02] No.229
県南部に位置する十津川村に行く国道が去年の台風被害により決壊してしまい、現在並行して走っている県道を迂回して利用するようになっていて、県道の交通量の増加に対応する為画像のような交互信号が設置されていました。しかしここは撮影時、信号は作動していなくてガードマンの誘導によって交通整理されていました。ちなみに灯器はどのようなものかというとNO228の画像と同じ京三製LED灯器で待ち時間が付いていて、交互信号区間の途中に一箇所のみ画像のようなLED矢印が付いていました。
>> ここも・・・ 名前: ぼたん(WebMaster) [2005/08/21,00:21:13] No.231
仮設信号でもLEDのようで豪華ですね。
制御機も通常の交通信号用ですね。
二灯式になっているのでどのような動作がするのか見たいところです。
>> ここは 名前: たか [2005/08/21,23:47:29] No.233
以前に紹介した桜井の交互信号ほどの派手さはないですが、LEDを用いるあたりが豪華ですね。


画像タイトル:下北山村付近で撮影。 -(64 KB)

交互信号@ 名前: たか [2005/08/20,01:53:26] No.228
豪雨の中、車中から撮ったので見難い画像ですが、下北山村付近に待ち時間付きの交互信号がありました。ここは土砂崩れの為片側通行になっていて、工事期間中のみの設置と思われます。ちなみに上北山村にも同じような感じで交互信号が新設されてました。
>> なるほど〜 名前: ぼたん(WebMaster) [2005/08/21,00:18:18] No.230
土砂崩れなどの場合の交互信号は工事用の場合が多いですが、奈良県は以前のケースも含めて通常の信吾会う気を設置するようですね。
>> 他県でも… 名前: たか [2005/08/21,23:44:52] No.232
奈良県では全てではないですがこういう長期にわたる交互通行を要する時は本物の信号を用いる事があります。
ちなみに新潟県や北海道でも本物の信号を用いた交互信号を見た事があります。あと山口県では工事用車両に灯器を搭載したモノもありました。


画像タイトル:歩車分離式表示板(縦型) -(61 KB)

奈良県の歩車分離式交差点にも… 名前: 秋山拓巳 [2005/03/01,18:43:29] No.224
奈良県の歩車分離式交差点では通常、灯器の上部に横型の歩車分離式表示板を設置する場合が多いのですが、この交差点では大阪府の歩車分離式交差点と同様に、縦型の歩車分離式表示板が電柱に設置されていました。

奈良県桜井市/2005/3/1
>> 名称は統一 名前: ぼたん(WebMaster) [2005/03/02,01:53:21] No.225
しかし案内板のフォントや大きさは都道府県によって異なります。
縦と横タイプのどちらが多いのかも気になりますね。


画像タイトル:img20050224191647.jpg -(64 KB)

押しボタン箱が二つ 名前: たか [2005/02/24,19:16:47] No.222
ここでは、橋の手すりの奥に押しボタン箱がある為に手が届かない人用に手前にも、もう一基押しボタン箱を設置して対応しています。
>> 面白いですね。 名前: ぼたん(WebMaster) [2005/02/26,22:48:14] No.223
通常は地面から1M程度の高さにボタン箱が設置されますが、その高さに手すりがあるため2個設置しているとかと思いました。


画像タイトル:img20040823214223.jpg -(22 KB)

信号機の墓場 名前: もり [2004/08/23,21:42:23] No.217
どこの県にでも何箇所かある信号設置業者の廃材置き場です。
こういう場所は目立たないところにあるので、偶然見つけるとうれしくなってしまいます。
>> 確かに・・・ 名前: ぼたん(WebMaster) [2004/08/23,22:58:25] No.218
色々と見たくなりますね。
この場所の灯器は鉄板の灯器ばかりですね。


画像タイトル:金具を使った矢印灯器の取り付け方法 -(21 KB)

矢印の設置方法 名前: 鈴木 泰弘 [2004/08/11,13:53:36] No.210
別に奈良県だけがやっている設置方法ではないと思いますが、
一部だけ矢印が直付けされずになぜか金具を使って取り付けています。
樹脂製の多い愛知や兵庫で見られそうですが、実際にところはよくわかりません。
金属製なのに金具を使って設置するという意味もわかりません。
ちなみに、写真の矢印は矢印専用灯器ではなく、一灯点滅に使われる灯器です。
そのため、側面に腕金と灯器を固定する金具を取り付けるためのボルトがあります。

FREE imgboard v1.22 R6!!