交通信号機まちだより
交通信号機まちだより

大  阪  編
大  阪  編
 御堂筋

  大阪の信号機のアームは、他県に比べて長いものが使用されています。
これは、アームに道標識を設置するためであると考えられます。
 心斎橋

  戎橋の横の信号は、昭和50年頃にこのデザイン信号灯器になりました。
これに合わせて歩行者灯器にもランプ式の待ち時間表示機が設置され、当時としては大変珍しいものでした。
 日本信号初期型灯器

  このタイプ灯器は、昭和47年から多数設置されていたようです。
こんな以前から丸型灯器が設置されていたとは驚きです。
しかしアームがやたら大きく、車高の高い車は引っ掛けられるような気がしました。

 内照案内板

  大阪では、夜間感応式にしている交差点が多く、 すべてにこの表示機が設置されていました。
 京三製歩行者灯器

  このタイプの庇は、大阪だけではないでしょうか。
ほとんどが昭和40年代に製造されたものです。
 デザイン信号柱

  通常は、吊り下げ型が多いなか、珍しい設置方法だと感じました。

 路面電車信号

  路面電車は、青信号では停止し、黄色の矢印が点灯すると発進していました。
通常は、青信号はすべて進めのような気がしますが、面白い運用でした。
 路面電車信号2

  昔は、ゼブラ信号が設置されていましたが、昭和50年ごろにこのタイプに更新されました。
なぜか矢印灯器だけ、昭和60年ごろに更新されていました。
 路面電車信号3

  路面電車用信号に、車両用信号が使用されていました。
この信号レンズは200Φでプレートも「多灯型時色灯信號機機構」となっておりかなり古いもののようです。

 LED小型文字表示板

  他県のように赤信号時に渋滞情報を表示するのではなく、青信号時に 「左折車は、巻き込みに注意」など、ドライバーへの注意メッセージ表示に用いられていました。
 LED文字表示板

  大阪では、表示板や制御機など、ほとんどがオムロン製でした。
 制御器パイプ

  90度曲がり管2本を組合わせた標準的な工法です。
しかしUC型などの小さい制御機は、90度曲がり管とL型エルボを用いた神奈川県と同じ工法もありました。

 信号ケーブル

  信号ケーブルの色に特徴があり、信号機と信号機の同期を とるためのケーブルは、赤色が使われています。
 信号ケーブル

  ワイヤー内蔵タイプで、帯電防止器具は横向きに設置されていました。
 端子箱

  最近設置される端子箱は、アサヒ電機製とメーカ不明の2種類が用いられており、 どちらも桜の大門印は、ありませんでした。
また端子の数をあらわす12Pや12Tなどの表示がなく、T−1やT−2などの明記がありました。
サブページへ戻る