交通信号機まちだより
交通信号機まちだより

宮 城 県   町の探索人 (画像提供とコメント)
仙台編
 仙台駅西口
  ロータリの信号灯器は、最近更新したようです。
国道4号線沿いには、VICSが導入されており、稼動していました。
 駅前ロータリ
  この前までここには、京三の初期丸型灯器が設置されていました。現在は、小糸一体型灯器 になっています。
 仙台駅西口のデザイン信号柱
  信号灯器の接続は、東京都同じ上部接続方式です。

 仙台駅東口のデザイン信号柱
  この信号灯器は、7年前に設置されました。接続方式は、従来の横接続です。
 国道286号の信号
  仙台市内にも信号電材セパレート灯器が多数設置されていました。
ほとんどが、信号電材製灯器とオムロンの制御機の組合せでした。
 電線の張りかた
  東京都と同じ方法で、帯電防止器具はありませんでした。

 制御機のパイプ 
  制御機のパイプは、他の県に比べて細いものを使用しています。
また、90度曲がり管を2本接続しているのではなく、一本のパイプで接続されています。
 制御機のパイプ その2
  細いパイプを使用しているため、後でケーブル増設時にパイプに入りきらず、別にパイプを外付けしています。
そのため、見た目は大変汚い感じがします。
 制御機のパイプ その3
  最近の制御機は、他の都道府県と同じ太さのパイプを設置しています。
サブページへ戻る