交通信号機まちだより
交通信号機まちだより

兵  庫  編
兵  庫  編
 JR三宮駅

  三宮駅前の信号のすべてがLED灯器になっていました。
 JR三宮駅周辺

  多数LED信号の中でも、小糸製が一番多く設置されていました。
 JR三宮駅周辺

  京三製のLED灯器は、筐体が現モデルと1つ前のモデルがありました。

 デザイン信号柱

  駅前には、逆L型タイプと角が丸くなっているタイプがありました。
どちらのタイプも灯器の接続は、従来の横接続タイプでした。
 LED案内板

  兵庫県も赤信号時に、渋滞情報等を流す情報版を設置していました。

 JR三宮駅周辺

  駅前には、最新LED信号が設置されていましたが、 一歩入ると昭和50年前後の灯器がかなり残っていました。
 盲人信号

  盲人信号の看板が、東京・大阪と同型のタイプと横型のタイプがありました。

 デザイン信号柱

  最近設置されている信号柱は、神戸市のマークが入っていました。
 JR三宮駅周辺

  神戸にも上下で庇の長さが違う昭和40年代前半の日本信号の旧式灯器がありました。
また松下製の昭和50年前後の灯器も残っていました。

 制御器パイプ

  以前は、ゴムホースのようなものを使用していたようですが、 現在は、一本のパイプを180度曲げたタイプへ変更されたようです。
 信号ケーブル

  ワイヤー内蔵タイプで、帯電防止器具は横向きに設置されていました。
 端子箱

  端子箱は、アサヒ電機製で桜の大門があります。
このメーカの端子箱は、中部・近畿で多く見ることが出来ます。
サブページへ戻る