交通信号機まちだより
交通信号機まちだより

石  川  編
石  川  編
 金沢裏通り

  現在も武家屋敷が残っており、一部の通りは昔ながらの風景に、美観を統一しています。
 金沢駅前

  金沢では、昭和40年代から右折分離信号を採用していたようです。
分離信号といっても通常のタイプではなく、片方向が矢印現示で、もう一方は青信号というパターンでした。

 金沢駅前3段信号

  東京と同じ3段設置の信号が設置されていました。
時間によっての制御のようで、撮影時は矢印現示はでませんでした。
 自転車用信号

  市内の一部の交差点には歩行者用地下道が設置されており、 上部の交差点では自転車用の2灯式灯器が設置されていました。
1灯式灯器を2個縦に並べての設置方法で、現示パターンは歩行者信号と同じでした。
 デザイン信号柱

  信号のアーム部分には可変標識が設置されていました。
こんなにアームに荷重を与えても大丈夫か疑問です。
時差式の看板は、東京都同じタイプでした。

 昭和47年旧式感知機

  なんと昭和47年製の感知機がたくさん設置されていました。 ほとんどの制御箱は錆びてボロボロで、穴が開いて接続パイプも破れて、ケーブルがむき出しになっていました。 これほど痛んでも稼動していることがすごいと感心しました。
制御機には「OMRON」のステッカーがあり、メーカ名もOMRONで製品名は、「VEHICLE DETECTOR」になっており、 輸出仕様のようです。

 交差点案内板

  金沢では、交差点の案内板は信号灯器の上腕器具に設置せず、 別にアームを設置して取付ける工法を採用していました。
 信号案内板

  ボタン信号の案内板が、通常「ボタン信号」ではなく、案内も含めた記述になっていました。 これは、親切でわかりやすいです。
 制御器パイプ

  1本のパイプを、90度づつ2階曲げたものでした。また制御機のケーブルの取入れ口が 中央ではなく、左よりになっていました。

 信号ケーブル

  通常はワイヤー内蔵タイプで、帯電防止の玉素子等は一切使用しない工法でした。
またケーブルが何本かある場合は、らせん状に針金等でまとめられていました。
 端子箱

  端子箱は、桜の大門があるアサヒ電機製と、○警のメーカ不明タイプの2種類が 設置されていました。
 盲人信号スピーカ

  通常のラッパタイプではなく、筒型タイプがほとんどで、名古屋電機工業製の警交仕規が あるタイプのみが、設置されていました。
 盲人信号制御機

  名古屋電機工業製の視覚障害者用制御機は、桜の大門ではなく、すべてがシールでした。 簡易マークも変わっています。
 信号ランプ

  歩行者灯器用のランプに規格外のものが使用されており、ほとんどがこのようなドーナツの 模様が浮かび上がっていました。これでは、本来の性能が損なわれます。
サブページへ戻る