交通信号機まちだより
交通信号機まちだより

広  島  編
広  島  編
 広島駅前デザイン信号

  広島のデザイン信号の接続部は、東京都と同じ上部接続でしたが、最近の新設のタイプは 従来型の横設接続のようです。
 広島の路面電車

  広島の路面電車は、本当に色々なタイプがあり、中でもこのタイプは3両編成で すごい迫力でした。
 広島の路面電車信号灯器

  このタイプの信号機がたくさん設置されており、樹脂製が多く設置されていました。

 広島の路面電車信号灯器

  広島には、本当に昔の灯器がたくさん現在も残っていました。
これも路面電車が現在も活躍している証拠だと感じました。
 日本信号緑色筐体

  なんとこの日本信号灯器で、緑色筐体タイプがあったとは驚きでした。
このタイプのゼブラ付が個人的に見たかったです。
 ゼブラ付信号灯器

  広島市内で結構ゼブラ付灯器が残っており、大変貴重であると思います。
しかし広島市内では、大規模にデザイン信号柱へと更新されており、広島市内でゼブラ信号を見れるのも後数年かもしれません。

 デザイン灯器

  昭和47年前後のデザイン灯器で、東京で言うと銀座通りの一代目デザイン灯器と 同時期に設置されたものです。裏面は、角型灯器と同じ構造でプレートも信号灯器になっていました。
 日本信号初代角型灯器

  広島にも残っていました。この日本信号の黒っぽいレンズも、 現在他府県ではほとんど見かけなくことが出来なくなりました。
 広島の信号案内看板

  広島の交差点名案内看板は、他の都道府県のタイプより細く、時差式などの 案内板と同じ大きさのものが使用されていました。案内板の文字も小さく、日本語明記のみで、目の悪い人や外人は 困ってしまうのでは・・・

 矢印灯器設置方法

  広島では、矢印灯器を主灯器へ直付けせず、器具を使ってアームに別付けしていました。
この設置方法では、灯器に穴を開けないので灯器の寿命を伸ばせ、また再利用の面でもよいかも知れません。
 電柱直付け方法

  広島では、電柱の直付け方法が変わっており、特殊な器具を用いた設置でした。
見た感じは、強度に問題が無いかと思うほど、簡単な構造となっていました。
 制御器パイプ

  90度曲がり管2本を組合わせた工法ではなく、ホースを使った工法でした。

 発電機

  発電機は、一般的なタイプが主要交差点に設置されていました。
 信号ケーブル

  ワイヤーが内蔵していないタイプで、ワイヤーにぐるぐる巻きにしてある工法でした。
しかし最近は一部でワイヤー内臓タイプが用いられているようです。
 端子箱

  端子箱で筒型は、初めて見ました。このような形状も防水では効果的かもしれません。
サブページへ戻る