交通信号機まちだより
交通信号機まちだより

福  井  編
福  井  編
 福井駅前

  福井駅前には、たくさんのデザイン信号が設置されていました。
 デザイン灯器1-1

  デザイン灯器の一つのタイプは、緑色の灯器で京三製でした。
 デザイン灯器1-2

  信号柱は一本ですが、信号用のアーム部と道路標識用のアームが別になっています。

 デザイン灯器1-3

  このタイプのデザイン灯器は、両面タイプがなく、逆方向の灯器は灯器の下部に設置され、 三段になっていました。むかしの角型の灯器は、このような設置がありました。
 デザイン灯器1-4

  福井駅前には路面電車が走っており、路面電車用の信号機が設置されています。
なぜか路面電車用信号は、通常の樹脂製灯器が用いられていました。
 デザイン灯器2

  上記の緑色灯器の後発に設置されたタイプで、灯器はノーマル灯器になっており、 灯器と道路標識用のアームが別になっています。

 デザイン灯器3

  これが一番新しいタイプのデザイン信号で、灯器は信号電材製です。
灯器の運用が面白く、通常1灯式灯器に使用されるものを、横に3つ並べて1つの灯器としています。
そのため背面を見ると、灯器ごとにケーブルの通し穴とプレートねじが、確認できます。
 デザイン灯器3-1

  同じ箇所に設置されている歩行者灯器です。
この灯器は日本信号製で、下部には盲人信号用のスピーカ穴があります。

 デザイン信号柱

  この信号柱も変わっており、信号柱の真中でアームが分岐しています。
 縦型設置

  福井では、最近設置される灯器は、縦型に統一されています。
縦型の灯器は、通常の横型設置の地域が縦型用に用いている「IV」と呼ばれるものではないタイプで、ケーブルの取出し口や プレート位置が違いました。
 制御器パイプ

  1本のパイプを、90度づつ2階曲げたものでした。

 信号ケーブル

  ワイヤー内蔵タイプで、帯電防止器具は縦向きに設置されており、珍しい工法でした。
 盲人信号スピーカ

  スピーカはすべて黄色で背面にプレートがありました。
 盲人信号スピーカ1

  なんと歩行者灯器がない場所も盲人信号が設置されていました。
サブページへ戻る