小型筐体(低コスト灯器)


「信号電材製灯器の最新動向」
●LED専用薄型灯器  薄型筐体(低コスト灯器)
 薄型筐体(現行モデル)   ランプ式筐体(厚型モデル)
電材製「低コスト信号灯器」
レンズ部を250Φにすると共に筐体も小型化していますが、従来の300Φ灯器とデザインは全く異なります

電材製の特徴は前面の一枚蓋、押出し式の筐体製造にあります
今回の小型灯器製造に合わせて開発されたインナーフードと呼ばれる機構を持った視覚制限ユニット
LED素子部を内部へ収納しLED素子毎に庇を取り付けているのも特徴です
矢印灯器の取付け器具が背面から見るとむき出しでごつい印象を受けます
この灯器は現在京三、星和、オムロンのODM灯器として採用されており、全国的にも見ても一番見る機会が多い灯器ではないでしょうか。
従来ような視覚制限庇も装着可能となっています
左右制限はインナフード、上下は制限庇での対応が主流になっていくのかもしれません
制限庇の取り付けは従来のような取付部が無いため、全面の蓋の上下でねじで取り付けているようです

サブページへ戻る   メインページへ戻る