LED交通信号灯器

LED交通信号灯器
小糸工業製

 LED初期タイプ

LEDの初期タイプはLED素子が小さく輝度が無いため、素子数が多くなっています。

LED矢印灯器も3列配置となっています。

 警管仕タイプ

LED素子数が青灯と黄灯が10周と同じで、赤灯のみ9周と素子が少なくなっています。

他の県でも最近同等のものが設置されており、庇が短いだけが警視庁の特別仕様のようです。



青灯を拡大すると円状にLEDが配置されていることが確認できます。


H12年設置の集合LEDタイプ

通常のソケットに集合LEDを装着したモデルですが旧型灯器を用いたタイプも設置されていました。

集合LED用の透明レンズも色々なタイプがあるようです。

 LED集約タイプ

LEDを全体に配置するのではなく、中心の一部分のみLEDを配置し、反射板でレンズ全体に反射させています。




路面電車用の矢印もLEDタイプがありました。



歩行者用LED信号の試作器

人形は白色のLEDが使用され、青と赤の部分は網状にLEDが配置されています。
斬新な感じがしますが、残念ながら本格採用はされませんでした。