信号機の豆知識

信号機の豆知識

Q1.信号灯器は、どうやって製造されているのですか?
A1.信号灯器はこのように製造されています。

最近のアルミ灯器の製造過程はサイエンスチャンネルで詳しく紹介されています。
・ランプ式灯器の出来るまで
・LED式灯器の出来るまで


資料
(現在のアルミ製・樹脂製灯器は型に溶かしたアルミや樹脂を流し込んで筐体を製造しています。)
 
 適当に切断した金属板(鉄板・アルミ版など)を型に合わせてプレス圧縮します。型は前部用と背面用があります。

 前部のプレスした金属板のランプ部を切断します。
 
 前部の金属板と背面の金属板を溶接し、端子盤用の取付け器具を設置します。
ここまでくると灯器らしくなりました。
 
 完成した灯器に塗料を塗ります。
塗料の色は都道府県によって決められた色番号によって塗られます。
同じ茶色の灯器でも都道府県によっていろ番号が異なります。

 ランプを灯器とネジ止めします。
ランプ部は灯器とは別の製造工程で製造されています。
※ランプ製造行程の画像資料が無いため提供出来る方は宜しくお願いします。
 
 庇をつけて灯器の完成です。
通常は灯器は、灯器本体と庇が別々に陸送されます。
またセパレート式の灯器ではパーツごとに分かれて陸送されるため、現地で組み立てて設置する方式を現在取っています。
価格は60000円前後から・・・
しかし特注生産販売のため個人には販売できないそうです。残念ですね〜

サブページへ戻る   メインページへ戻る