信号機の豆知識

信号機の豆知識

実際にご解答頂いた文書を抜粋して掲載しています。
Q6.なぜ青信号は進めなのですか?
A6.解答者 林さん

例えば赤が日本では「止まれ」ですが、韓国では「進め」の意味だとしたら、
韓国から日本に来た人は車にひかれてしまいますよね。これは極端な例ですが、
世の中の実に色々なことが国際標準化を目指しています。
いわゆるひとつのグローバルスタンダードってヤツですね。

 この国際標準化を行っているのがISO(国際標準化機構)という組織です。
ISOネジとかフィルムのISO100とかいう言葉を聞いたことがあるかと思いますが、
これはISOで決められた国際標準規格です。

Q.信号機の色はなぜ赤・青・黄なのですか?
A.解答者 林さん
交通信号の色が赤・青(緑)・黄になっているのは、日本独自の規格というわけではなく世界的なものです。
これを規定しているところは、CIE(国際照明委員会)という組織です。

 CIEで規定している信号の色は、赤・緑・黄・白・青の5色で、それぞれ色度の範囲や光度等が決められています。
交通信号に使われている色は、赤・緑・黄の3色です。ちなみに、白や青は交通信号以外の航空信号等に使われています。

 外国の緑信号は日本と違って真緑色ですが、我が国では色弱者に配慮してCIE規格の緑の色度範囲の中で
なるべく青に見えるような色度を採用しております。
 日本の青信号を英語で「Green」と表現しているのは、このような理由によります。
色弱に関しては、「 http://www.nbj.co.jp/pastel」を参考にしてください。

 なお、日本のCIEであるJCIE(日本照明委員会)については、 「 http://homepage2.nifty.com/ciejapan」 を参考にしてください。


Q.なぜ青信号と言うようになったのですか?
A.解答者 林さん
昔の信号は本当に緑色で(下の画像を比べて下さい)、法律上も「緑信号」と呼んでおりました。
それでも、みんなが「青信号」というため、政治家の先生の鶴の一声で法律を変えたという話があります。
ただし、英語では従来どおり「Green」と表現しています。

また 色弱者にとって赤と緑の区別がつきにくいため、なるべく青色に近づけているというのも事実のようです。
昭和45年頃の信号機 昭和48年以降の信号機

サブページへ戻る      メインページへ戻る