京三製作所信号灯器の歴史
京三製作所信号灯器の歴史


外観 灯器タイプ1 灯器タイプ2
京三製作所信号灯器の歴史 京三角型世代 角型世代
'**(S**)〜'72(S47)製造
 片面設置用250Φ灯器
 片面設置灯器背面
レンズが青色で一見すると日本信号の初期型に似ています。(情報提供 ゴエモン氏)
灯器の筐体は、当時は深緑だったようですが、ペンキで白く上塗りされています。
背面は、東日本では珍しい山型の背面扉になっています。

'**(S**)〜'72(S47)製造
片面設置用200Φ灯器
片面設置用200Φ灯器背面
筐体が箱型で、ランプ取替え用扉が一枚扉になっています。
昭和40年代は、200Φも設置されていたようです。

'**(S**)〜'72(S47)製造
 片面設置用300Φ灯器
 片面設置用250Φ灯器
 片面250Φ二段設置
 片面設置用250Φ灯器
 片面設置灯器背面
レンズが緑色で、プレート名称が三位交通信號機となっています。
この時期は、灯器にほとんどゼブラが設置してありました。また灯器を上下に2段設置している工法も 用いられていました。

'73(S48)〜'80(S55)製造
両面設置300Φ灯器
前後別々タイプ
神奈川県設置モデル
両面設置250Φ灯器
 前後一体タイプ
先代と形は同じですが、レンズが緑色から青色に変わり、 プレート名称が車両用信号灯器になりました。
また一灯灯器の背面扉が、上開きから横開きに変更になっています。 灯器は、前後一体・別々のタイプと片面タイプの三種類があります。

京三第一世代
丸型初代
'**(S**)〜'72(S47)製造
 250Φ灯器
 250Φ灯器背面

丸型
'70(S45)〜'72(S47)製造
 金属製300Φ灯器
 金属製300Φ灯器
昭和45年頃から角張った信号灯器から、一部丸型信号灯器が製造設置され、 街中で見かけることが出来るようになりました。プレート名称は、「3位交通信號機」で緑レンズになっています。
都道府県によって、丸型灯器や角型ゼブラ付き灯器を設置する場所や、別の独自タイプを 採用設置している所など、さまざまでした。 矢印信号の表示形式が、線状で分かれていないのも特徴です。
この時期は、丸型と角形灯器とどちらも製造されていたようです。

'73(S48)〜'79(S54)製造
金属製300Φ灯器
金属製250Φ灯器 
前モデルとデザインは同じですが、プレート名称が「車両用交通信号灯器」になり、 緑レンズから青レンズに変更に矢印表示が線状なりました。

斜め型
'78(S53)〜'81(S56)製造
金属製300Φ灯器 
金属製250Φ灯器
デザイン的には、前モデルと同じですが、ステーが丸形から直線型に変わりました。プレートに警交仕規の番号が入りました。

京三第二世代
三角庇
'79(S54)〜'80(S55)製造
金属製300Φ灯器
金属製250Φ灯器
ここから信号機を支えるステーが直線型にかわり、灯器もすこし角張った形になり、補助信号灯器が灯器直付けに戻りました。また庇が300Φと250Φと共通サイズになりました。

標準庇
'81(S56)〜'94(H6)製造
金属製300Φ灯器
金属製250Φ灯器

庇の大きさが、現在でいう標準の大きさなりました。
このタイプの灯器・レンズで、現在も製造されており、静岡県では設置されています。


省エネランプ対応
'87(S62)〜'94(H6)製造
金属製300Φ(E)灯器
金属製250Φ(E)灯器
’80年後半からは省エネランプ対応のレンズを搭載した灯器が設置されるようになり、筐体・レンズと各メーカほとんど同じになりました。
なぜか関東管内で東京都だけは、現在も擬似点灯防止機能付き灯器(Eタイプ)の設置をしていません。

京三第三世代
アルミ分割
'95(H7)〜'00(H12)製造
金属製300Φ(E)灯器
金属製250Φ(E)灯器
’97年製から久々のフルモデルチェンジとなりました。
灯器がセパレート式になり、横のふたを外すと灯器の増設ができます。

京三第四世代
アルミ一体
'99.7(H11.7)〜'01(H13)製造
300Φ(LED素子)灯器
250Φ(E)灯器
300Φ(プロジェクター)灯器
300Φ(スフェリカル)灯器

アルミ製セパレート灯器から一体型灯器へ変更なり、背面も斬新なデザインとなりました。
また矢印灯器が主灯器へ接続器具無しに設置できるようになりました。



京三第五世代
'02(H14)〜'07(H19)製造
300Φ(LED素子)灯器
300Φ(ノーマル)灯器
ランプ式と兼用の厚型筐体の最終モデルです。
ランプ部は、都道府県の公安委員会の採用により、ノーマル・擬似点灯防止機能付き(Eタイプ)・スフェリカルの3つのランプタイプと素子とプロジェクターの2つのLEDタイプがあります。
現在はランプ式灯器の製造は終了しており、薄型LED灯器のみの製造となっているようです。

OEM灯器
樹脂タイプ 三協高分子OEMタイプ(全国)
'74(S49〜'97(H11)
300Φ(E)灯器
初期型のアームには、特徴がありました。 海岸に設置されています。

'00(H13)〜現在
300Φ(プロジェクター)灯器
300Φ(スフェリカル)
U型樹脂製灯器が登場しました。レンズはスフェリカルレンズ(デェフォルト)・LED等メーカによって色々なタイプがあります。。

アルミタイプ
信号電材OEMタイプ(近畿・中国・四国・九州)
'97(H9)〜'99.6(H11.6)製造
300Φ(ブロンズ)灯器
250Φ(ノーマル)灯器
西日本では昭和63年から信号電材製OEM灯器が設置されていました。

300Φ(OEM)灯器
250Φ(OEM)灯器
九州の一部の県で設置されているタイプです。この時代から各メーカも自社製アルミ灯器の製造をはじめたためにOEM灯器としての設置は少ないようです。 この一体型灯器へモデル変更されてからはしばらくしてU形灯器(300Φタイプのみ)となったため、250Φタイプはあまり見ることができません。

小糸OEMタイプ(東京都等)
'97(H9)〜'99.6(H11.6)
限定タイプ2 250Φ灯器
97年〜99年の夏までの間、一部地域で小糸工業製と同型のモデルが設置されました。

※データに間違い等があった場合は連絡頂ければ修正します。

サブページへ戻る  メインページへ戻る