信号機の矢印灯器歴史 一覧

信号機の矢印灯器歴史 一覧

交通信号灯器三大メーカのデザインの移り変わり
京三製作所小糸工業日本信号
第〇世代 前面
第0世代の灯器は、矢印が線ではない形なっています。 昭和45年前後ではこの250Φが主流だったようで、300Φはほとんど見かけることができません。

第一世代 前面
背面
扉は、背面横扉式になっています。 灯器の厚みと後ろの出っ張りが一番あるようです。製造月日は、なんと昭和54年11月製でした。 扉は、背面上下式になっています。製造月日は、昭和51年9月製です。
第一世代の灯器は、メーカすべてが角型でしたが、メーカによりランプ取替え用の扉が若干異なっています。
※東京都のみ このタイプの角形灯器が、昭和53年('78)まで製造設置されていました

第二世代 前面
背面
灯器のデザインも一新、角型から丸型になりました。設置方法も独自の方式になりました。 丸みをおびたデザインになりました。なぜか製造プレートが見当たりません。 こちらは、角型のデザインで、前世代より分厚くなりました。
各メーカが、角形信号灯器から、丸みのある丸形灯器にフルモデルチェンジしました
第二世代の矢印灯器はメーカごとに個性の出たデザインになり、一見するだけでどのメーカか区別できます。
各メーカ昭和45年頃から丸型灯器を製造していましたが、昭和50年頃までは、都道府県によっては採用されずに角型灯器を設置していた所が多かったようです。そのためデザイン世代と製造年月日は必ずしも一致しません。

第三世代 前面
背面
取付けが直付けに戻り、デザインも角型に戻りました。 角が丸みをおびたデザインから、角型に変更になりました。 前世代とデザインが同じですが、庇の形状が変更になりました。また名称が矢印信号灯から矢印灯になりました。
この世代から京三・日本信号は、同等のデザインになりました。
この世代は、現在も一部製造設置されている県もあります。

第四世代 前面
背面
デザイン構造が全く変わり、取付け方法も変わりました。灯器を2個並べてつなぐ設置も可能となりました。 各メーカと同等のデザインとなりました。 各メーカと同等のデザインとなりました。
この世代からデザイン構造も変更になり、アルミ製灯器が登場してきました。

第五世代 前面
背面
前世代の三角型を一新し、背面のデザインが丸みのデザインになりました。
設置方法が直付けに戻りましたが、取付ける灯器が他メーカの時は補助器具が必要になります。
デザイン構造が全く変わり、取付け方法も変わりました。灯器を3つ並べて3灯式にすることも可能です。 デザイン構造が全く変わり、取付け方法も変わりました。後ろのデザインが変わっています。
各メーカ独自デザインとなったため、区別もつきやすくなりました。

信号電材
第一世代
外 観
第二世代
前 面
背 面
96年前後から信号灯器に新参入してきた会社です。現在多方面で灯器を見ることが出来ます。
特徴は、なんと言っても斬新なデザインではないでしょうか。
第一世代は、四角のタイプと上記のような半丸のタイプがありましたが、現在のモデルは1つにの統一されたようです。
灯器のランプ取替え用の扉は、多メーカが上下の扉ですが、信号電材は横扉になっており、この部分も変わっています。

松下通信
第二世代
外 観
外 観
前 面
背 面
現在も松下通信の灯器が新設されていますが、都道府県により設置の偏りがあるようです。
矢印灯器の設置方法が、京三の初期丸型矢印灯器に似ています。
第一世代は、現在は設置されている箇所がないため省いてあります。

※データに間違い等があった場合は連絡頂ければ修正します。

サブページへ戻る      メインページへ戻る