信号機の歴史 一覧

信号機の歴史 一覧

交通信号灯器三大メーカのデザインの移り変わり

京三製作所小糸工業日本信号
**(S**)〜'72(S47)製造
緑レンズ 名称「三位信號機」
'73(S48)〜'78(S53)
青レンズ 名称「車両用信号灯器」
**(S**)〜'78(S53)製造**(S**)〜'78(S53)製造
’60年代の信号機にはフードが付いていましたが、’75(S50)頃からほとんどが外され、右のようなタイプになりました。
※東京都のみ このタイプの角形灯器が、昭和53年('78)まで製造設置されていました

'74(S49)〜'76(S51)製造'70(S45)〜'74(S49)製造'71(S46)〜'73(S48)製造
各メーカが、角形信号灯器から、丸みのある丸形灯器にフルモデルチェンジしました
灯器の形も変わりましたが、灯器を接続するステーも、各社個性的な形になりました。

'77(S52)〜'78(S53)製造'75(S50)〜'77(S52)製造'74(S49)〜'78(S53)製造
ステーと灯器の取付け部が、各社灯器の横部に統一化されました。
またステーが丸型から直線型に変わりました

'79(S54)〜'80(S55)製造'78(S53)〜'80(S55)製造'78(S53)〜'79(S54)製造
昭和50年代半ばから、各社の信号灯器が似た形になってきました。

'81(S56)〜'86(S61)製造'81(S56)〜'86(S61)製造'80(S55)〜'86(S61)製造
各社とも鋼板製の信号灯器は、レンズの色を除きほとんど見分けがつかなくなりました。

'87(S62)〜96(H8)製造'87(S62)〜'96(H8)製造'87(S62)〜96(H8)製造
昭和61年は擬似点灯防止機能付き信号灯器が設置されるようになり、ランプの色もほとんど同じになりました。
※なぜか東京都だけは、現在も擬似点灯防止機能付き信号灯器の設置をしていません。

'97(H9)〜00(H12)製造'97(H9)〜**(H**)製造'97(H9)〜**(H**)製造
’97年製から各社久々のフルモデルチェンジとなりました。
特徴は、灯器が分離できるセパレートになったことと、矢印灯器の設置が補助器具を使用する点です。
今までは左折と直進の矢印信号を同時設置した場合に、どうしても青灯と黄灯の真下に矢印信号を設置することが出来ませんでした。 しかし今回からちゃんと真下に設置出来るようになりました。

※データに間違い等があった場合は連絡頂ければ修正します。

サブページへ戻る  メインページへ戻る