カテゴリ6

カテゴリ6-1

街中の変わったもの

 電話ボックスでは・・・
一見簡易の電話ボックスのように見えますが、実は塩化カルシウムのボックスです。
これが色々な坂道に場所の設置されており、積雪時はこの滑り止め剤をまいて坂道のスリップを防ぎます。
 三本の線路
現在、日本の鉄道では線路幅が広い広軌と、狭い狭軌というものが使用されており、主にJR在来線では狭軌、新幹線は広軌が使用されています。
そのため山形新幹線が在来線を走れるように広軌のレールと在来線用の軌道の3本のレールが引かれていました。
しかし現在は在来線も広軌に統一されて狭軌用のレールが撤去されたようです。

巨大なアーチ  

踏切に巨大な門型アーチが設置されています。
これは山形新幹線が高速で通過するために、踏切の見落としが無いように設置されています。


路面電車の3連結  

路面電車は通常1両編成が一般的ですが、広島県では3両編成のデラックス路面電車が走っていました。
車両タイプも色々在り外国製もあるそうです。


  メインページへ戻る